日本政策金融公庫からの開業資金、融資、資金調達を支援するサイト。

面接について

よくある質問 -面接について-

日本政策金融公庫の面接時に気をつけることは何ですか?

面接といえば、最初は特に何か緊張しますが、特に緊張することはありません。
ありのままを日本政策金融公庫の担当者とお話するというスタンスでよいと思います。→詳しくは、面接について

 

面接は本人でないとだめでしょうか?
原則本人との面接となります。

 

面接当日に何か特別の事情がある場合は、電話をして面接の日時を変更するなどして対応してください。
すでに日本政策金融公庫と取引があり、財務内容が良好な場合は、書面審査といって面接をせずに書面だけで審査を終わらせることもありますが、初回の取引ではまず無理でしょう。

 

面接時に銀行口座を確認されていますが、何をみているのでしょうか。
通常使用している通帳のお金の動きを見ています。

 

例えば公共料金を支払っている口座を見れば、だいたいの方は取引をその口座を支払口座として集中させているので、大まかな取引の中身がわかります。
また、その中で消費者金融などからの借入がないか。手形帳との符号、融通手形等がないか。諸経費の支払いがきちんとなされているかなどのチェックをしています。



資金調達や資金繰りで困った場合の解決方法とは?


資金調達

日本政策金融公庫の審査に落ちた方でも、スグに1,000万円が調達できる資金調達方法があることをご存知ですか?


その資金調達方法とは、売掛金を担保にして資金調達を行う方法です。


この売掛債権を担保とする融資は、下記のように平成13年度より国もその制度の利用を促進しており、 信用保証協会をはじめ、最近は地元の金融機関でも利用者が多くなってきています。
【参考HP】
中小企業庁⇒売掛債権担保融資保証制度
全国信用保証協会連合会⇒流動資産担保融資保証制度(ABL保証)


この借入の特徴は、何といってもそのスピードです。
売掛金を担保にできるので、即日であっても融資の可能性があります。
月商の範囲内の金額であれば、最短1日で調達可能です。


あなたが借りられるかどうかは、10秒でカンタンにチェックできますので、下記よりチェックしてみることをおすすめします

銀行融資を断られた方への資金調達方法




ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 料金・サービス 会社概要 Topics お問い合わせ