日本政策金融公庫からの開業資金、融資、資金調達を支援するサイト。

借入金の目安について

借入金の目安について

日本政策金融公庫 借入金の目安

借入金の返済財源は、
減価償却費+税引後利益の合計額になります。

 

 

この返済財源がないと、いくら売上高が上がっていたとしても返済を続けていくことはできません。

 

仮に返済できているとしたら、それは、売上で入ってくる現金のうち、本当は使い道が決まっているものを先食いして使っていることになるのです。

 

 

 

日々入ってくるキャッシュの中から返済していると、なんら問題なく返済している気がしてしまいます。

 

まずは、「返済財源」=「売上高」という考え方は、あらためなければなりません。

 

 

健全な借入金の目安を簡単にまとめてみましたので、今自分の会社が置かれている状況を以下でチェックしてみましょう。

 

この中で一つでも条件を満たしていなければ、会社の抱えている借入金のリスクが高くなっている可能性があります。

 

 

 

借入金対月商比

借入金対月商比とは、月商何ヶ月分の借入金を有しているかを見る指標で、借入金の規模が適正かどうかを見ます。

 

業種が異なれば目安は変わりますが、おおむね以下の基準で判断してみてください。

 

借入金対月商比 判定
12ヶ月以上 危険
6ヶ月以上 要注意
4ヶ月未満 健全

 

 

借入金対月商比 = 借入金 ÷ 月平均売上高

 

 

 

債務償還年数

債務償還年数とは、現在の利益水準で借入金を完済するのにあと何年かかるかを見る指標で、返済能力が適正かどうかを見ます。

 

債務償還年数 判定
10年以上 危険
7年以上 要注意
5年未満 健全

 

 

債務償還年数 = 借入金 ÷ (当期利益+減価償却費)

 

 

 

流動比率

会社の短期的な支払能力がどの程度あるかを表し、短期間(1年以内)に支払われる予定の流動負債が、同じく短期間(1年以内)に現金化される予定の流動資産でどの程度カバーされているかを示す指標で、当面の返済能力があるかどうかを見ます。

 

 

ただし、流動資産の中には長期間未回収となっている不良売掛金や不良在庫(棚卸資産)が含まれている場合もあるため、注意が必要です。

 

この指標が100%を切ると、1年以内に支払う金額のほうが多くなる状況で非常に危険な状態です。

 

流動比率 判定
100%未満 危険
120%未満 要注意
150%以上 健全

 

流動比率 = 流動資産 ÷ 流動負債

 

 

 

次は

借り換えと繰り上げ償還



資金調達や資金繰りで困った場合の解決方法とは?


資金調達

日本政策金融公庫の審査に落ちた方でも、スグに1,000万円が調達できる資金調達方法があることをご存知ですか?


その資金調達方法とは、売掛金を担保にして資金調達を行う方法です。


この売掛債権を担保とする融資は、下記のように平成13年度より国もその制度の利用を促進しており、 信用保証協会をはじめ、最近は地元の金融機関でも利用者が多くなってきています。
【参考HP】
中小企業庁⇒売掛債権担保融資保証制度
全国信用保証協会連合会⇒流動資産担保融資保証制度(ABL保証)


この借入の特徴は、何といってもそのスピードです。
売掛金を担保にできるので、即日であっても融資の可能性があります。
月商の範囲内の金額であれば、最短1日で調達可能です。


あなたが借りられるかどうかは、10秒でカンタンにチェックできますので、下記よりチェックしてみることをおすすめします

銀行融資を断られた方への資金調達方法




ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 料金・サービス 会社概要 Topics お問い合わせ