日本政策金融公庫からの開業資金、融資、資金調達を支援するサイト。

各種変更手続き

各種変更手続き

日本政策金融公庫 各種変更 

諸事情により、会社や借り入れ関係に、変更があった場合は、日本政策金融公庫に連絡をしなければなりません。

 

下記のケースのように、借主の方が住所変更や死亡したり、保証人が変更したりするなど各種変更があった場合は、日本政策金融公庫へすみやかに連絡するようにしてください。

 

 

借主や連帯保証人の変動

融資実行後、借主や連帯保証人の方が、住所や営業所が変更したり、個人営業の方が法人を設立したりするような変動が起こることがあります。

 

 

借主や連帯保証人の方に次のような変動が起こった場合は、至急日本政策金融公庫へ連絡するようにしてください。

 

必要な手続については、日本政策金融公庫で説明してくれます。

 

 

個人営業の方 法人営業の方
@ 死 亡
A 改氏名
B 住所・営業所の変更
C 法人設立
D その他の変動
@ 代表者の変更
A 商号や目的の変更
B 本店住所・営業所の変更
C 組織変更
D 合併
E 別会社の設立
F その他の変動

 

 

担保物件の変動

建物が火災にあった、建物を増築や改築をする、区画整理によって移転するなど担保物件に変動があった場合も日本政策金融公庫へ連絡するようにしてください。

 

これも必要な手続については、日本政策金融公庫で説明してくれます。



資金調達や資金繰りで困った場合の解決方法とは?


資金調達

日本政策金融公庫の審査に落ちた方でも、スグに1,000万円が調達できる資金調達方法があることをご存知ですか?


その資金調達方法とは、売掛金を担保にして資金調達を行う方法です。


この売掛債権を担保とする融資は、下記のように平成13年度より国もその制度の利用を促進しており、 信用保証協会をはじめ、最近は地元の金融機関でも利用者が多くなってきています。
【参考HP】
中小企業庁⇒売掛債権担保融資保証制度
全国信用保証協会連合会⇒流動資産担保融資保証制度(ABL保証)


この借入の特徴は、何といってもそのスピードです。
売掛金を担保にできるので、即日であっても融資の可能性があります。
月商の範囲内の金額であれば、最短1日で調達可能です。


あなたが借りられるかどうかは、10秒でカンタンにチェックできますので、下記よりチェックしてみることをおすすめします

銀行融資を断られた方への資金調達方法




ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 料金・サービス 会社概要 Topics お問い合わせ